メンズファッションについての解説

ビジネスファッションズ

財布の種類

メンズの持つ財布はレディスの財布に比べると、デザインはシンプルで機能性 も必要最低限のものになっているタイプが多くなります。

大きさも様々な種類がありますが、比較的コンパクトになっています。
持ち歩く際には、男性はポケットに入れたり、なるべく嵩張らないようにするため  となっています。
形としては主流となっている二つ折り、長財布、小銭入れが挙げられます。

メンズの二つ折り財布

二つ折りの財布の場合は、小銭入れ付きのタイプが最も使われている財布となります。

年代を問わずに人気があり、メンズのプレゼントとしても定番となっています。
ビジネスからカジュアルまで幅広いシーンで活用が可能ですが、フォーマルな場では、ややカジュアルな雰囲気となります。
使い勝手は良いのですが、財布にお札を入れる際に折りシワが入ってしまったり、小銭やカードを入れ過ぎてしまうと、財布が膨らんでしまい、見た目がスッキリと見えなくなってしまうため、印象が良くありませんので、注意が必要です。

メンズの長財布

逆に長財布になると、ビジネスからドレススタイルまでと幅広く使える大人な財布となります。

特にスーツスタイルや、ドレスカジュアルファッションにはスマートな長財布がよく似合います。
二つ折り財布と比べて収納力は低くなりますが、スッキリとした印象を与えます。
しかし、スマートに見せるために、小銭入れが付いていないことが多いので小銭入れとの二つ持ちが基本となります。
二つ折りと比べると、少々煩わしく感じることもありますが、綺麗なお札やカード収納ポケットの多さなど、カッコいい大人の財布となります。
革によってロングウォレットはスタイルが変わるのも人気を集める理由でしょう。

財布の種類

デザインはシンプルですが、その分、素材や縫製など、目に見えない部分までこだわりが詰まっているのもメンズの財布の特徴となります。

素材に関しては牛革が主流となりますが、クロコダイルやリザードなどの希少な素材や、イタリアやフランスなど良質な鞣し革の産地の素材を使うことにより、上質な雰囲気を持ちながらも、実際に触れてみると、その革質の高さ、柔らかさには素晴らしいものがあります。
革は使えば使うほど経年変化が楽しめ、何十年も使うと革に独特の輝きが表れます。

その革に見合う縫製技術にも素晴らしいものがあります。
特に財布の角部分は、出し入れをする際にどうしても傷ついてしまいますので、強度を増すためにもしっかりとした縫製が必要になるのです。
菊寄せと呼ばれる技術や、均等に入ったステッチなど、高級と呼ばれるメンズの財布にはよく使われています。

Valuable information

静岡 脱毛サロン

Last update:2017/11/13