メンズファッションについての解説

ビジネスファッションズ

スーツの着こなし

メンズファッションを語るに当たって、簡単そうで意外と難しいのがスーツの着こなし方ですよね。実は、スーツというのは、一見どんな組み合わせでも色さえ気にしていれば失敗は無いと思っている方が多いのですが、実はそうでもなくて、スーツを着こなす組み合わせでも自分が感じる印象と相手が感じる印象が変わってくるのです。スーツに合わせる腕時計ひとつとっても、印象はずいぶん変わります。フランクミュラー、パネライ、ブライトリング あたりのブランド品はきっと女性に喜ばれるでしょう。
また、意外と気がまわらないのが、財布です。普段から見せている物ではないですが、会計の際などで財布を出す際にはやはりお洒落な物だとカッコイイですよね。

まぁスーツを選ぶのはその人のセンスなので、センスがよければまず失敗は無いだろうしセンスのあまり無い人はうーん・・ちょっと・・・と言うようなチョイスをしてしまうかも知れないが、実は、無難なスーツの着こなし方があるというのを皆さんご存じでしょうか?これさえ知っておけば仕事でもパーティーでもまず失敗はありませんのでこのページで着こなし方を覚えてセンスのない方は明日からしっかりスーツを着こなして下さいね☆
また、今やメガネもオシャレの1つとして使われている方も多いです。

失敗しないスーツの着こなしパターンというのは、実はとても簡単です。スーツを着るときには、スーツ、シャツ、ネクタイというそれぞれ違う要素を組み合わせて1つのファッションを構築していきますよね?しかし、その中で1つでも調和が乱れてしまうと、全てのファッションが崩れてしまうという事になってしまいます(笑)その辺の調和をとることが難しいとされているのですが、実は、スーツ、シャツ、ネクタイの内の1つだけ柄物にして、後は無地で固めると、調和が取れると言われています。勿論、この比率はこの三つの中であればどのような組み合わせをしても問題ないわけで、スーツが柄物でも良いし、シャツ、ネクタイが柄物でもよし、ブランド物のレザーベルトも良いでしょう。しかし、1つ柄物にしたら後は無地にするという事だけ守って頂ければ無難に着こなせるというものなんです。

本当は、一番スーツ、シャツ、ネクタイ全て無地の方が着こなせたら格好いいと思うのですが(管理人的に)そうしてしまうと、なかなか着こなすのが難しいんですよね。柄などでごまかしが利かない分「センス」で勝負しに行かなければならない訳なんですよ(汗)管理人はそんなセンスが無いから真似できませんが(笑)

スーツというのは、意外に着こなせているつもりでも相手から見たらそうでもないと思われてしまうことがよくあります。ですから、着こなすことが難しいのです。ですから、基本的にはこのページで紹介させて貰った法則を守りつつ、偶に自分なりのセンスを磨く為に冒険したりするのが良いんじゃないでしょうか?(笑)普段の日はフォーマルに、休日は冒険を・・・何か楽しくなってきませんか?皆さんも自分なりのスーツの楽しみ方、見つけて下さいね☆

そうそう、管理人はワンピが好きと言いましたよね。(自分が着るのでは無いですよ)オズモーシスも着方にセンスが出ると思うんですよね。ただワンピを着ただけではなんだか古くさく、ショボク見えますからね

recommend

クライアント第一の株式会社PROWALK

2017/7/31 更新